フックとバックルの作り方

技術分野:

本発明は、ハーネスとフロント部材などの少なくとも2つの部品を接続する面ファスナーに関する。

背景:フックアンドバックルは、さまざまな用途で使用できるようにリリースできるように設計されたストラップ、ストラップ、およびその他の部品の一種です。

クラスプは当初、ストラップ、ストラップ、または幼児用のサスペンダーやさまざまなバックパックなど、さまざまな程度の伸びを持つ他の同等品に使用されます。

本発明の目的は、手で固定および緩めることができる改良されたフックアンドバックルを提示することである。本発明の別の目的は、固定ストリップまたはその同等物からの力によって、ロック機構がまったくまたはわずかにしか影響を受けないフックを提案することである。

本発明によるフックの別の利点は、フック構成要素が、固定されたときに、中心に位置する性質のものであり、フックが明示的にロックされていることを示すことである。

ロックはまた、意図的な介入以外ではクラスプを開けることができないように信頼性があり、固定装置の固定に影響を与える力がロック方向に作用する場合、固定はクラスプが留め具の場合、クラスプにかかる力には成分があるため、力はクラスプに統合された効果をもたらします。

分離されているが固定されている2つの部品のロック機能は、部品がロック位置に移動した後に制御され、それにより、本発明によるフックの好ましい特性を実現する。また、スリーブを形成する部分にはロック機能が配置されています。

本発明によるフックおよびバックルは、ハーネスおよびキャンバスバックのベルト、バッグなど、車両、玩具および折り畳み式乳母車を固定するための、ならびに衣類およびスポーツ、伝達ベルトおよびレジャー機器のベルト。

したがって、クラスプの任意の部分または2つの部分は、それと共に使用される部分の一体部分を構成し得る。本発明による装置および装置の実施は、本特許出願に示される特徴を有する。


投稿時間:2021年4月9日